「SAW」が見たくなったので、Netflixの30日間無料体験に登録してみた❗️🎞

f:id:nefumaro30:20190810212801p:plain

こんにちは。ねふまろです🙂

きっかけは忘れてしまいましたが、数日前になんとなく「SAW」が見たくなったので、

Netflixの30日間無料体験に登録してみました。


SAWとは?Wikipediaより引用)

『ソウ 』(SAW) は、2004年に公開されたアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ソウシリーズの1作目。

猟奇殺人鬼ジグソウによって密室に閉じ込められ、ゲームを強要させられた2人の男性を主軸に話が展開する。残酷なシーンが多いため、日本ではR15+指定。

目が覚めるとそこは老朽化したバスルーム。部屋の中央には死体。対角線上には足を鎖でつながれた2人の男、ゴードンとアダム。

犯人が突如として始めたゲーム。「君たちは死につつある」「6時までに相手を殺すか、自分が死ぬか」。

与えられたのは、謎の猟奇殺人鬼「ジグソウ」からのメッセージが入ったカセットテープとテープレコーダー、弾丸1発、タバコ2本、着信用携帯電話、ノコギリ2本、写真。2人は犯人が部屋に残したヒントを手掛かりに、脱出しようとする。

一方、ジグソウを追っていたタップ元刑事は、異様な殺人現場に残された手がかりをもとに、ジグソウを徐々に追い詰める。


といった内容の映画なのですが、Netflixで検索してみたところ、「SAW2」からはあるのですが、
SAWシリーズの1にあたる「SAW」はありませんでした。

けど「SAW」は10年ほど前に一度だけ見たことがあり、なんとなく内容を覚えてはいるので、

見たことのない「SAW2」を見ることにしました👀❗️


SAW2とは?Wikipediaより引用)

猟奇殺人鬼によって、毒ガスが充満しつつある館に閉じ込められた8人の男女を主軸に展開するソリッドシチュエーション映画。ソウシリーズの2作目。日本ではR15+指定。

出口の無い洋館に閉じ込められた8人の男女がジグソウのゲームに臨んでいた。

遅効性の毒ガスがゲーム開始と共に館内をめぐっていく極限の中で、ゲームに勝ち抜き、2時間以内に解毒剤入り注射器を手に入れなければ、ドアが開くまで生きられないというルール。

刑事エリックは殺人鬼ジグソウことジョン・クレイマーを逮捕するが、彼の部屋で発見したモニターに映る息子がジグソウに監禁されており、かつて自分が証拠をでっち上げ逮捕した7人とジグソウのゲームに臨んでいるという光景を見て驚愕する。

エリックは、ジョンに詰め寄るが彼は動揺することなく、エリックと2時間、2人きりで話をする"ゲーム"を要求する。

といった内容の映画です🎞


SAW2の感想

とてもおもしろかったです。

ハラハラドキドキな感じで、
「あー‼️そういうことだったのかー‼️∑(゚Д゚)」といった感じです😏(笑)

グロいシーンもいくつかありましたが、
「これは演技だ」、「これは本当は全然痛くないんだ」、「痛いふりをしてギャーッと叫んでいるだけだ」、「そしてこのギャーッという演技でお金を貰っているんだ」、「この周りには映画のスタッフがたくさんいるんだ」などと考えることでなんとか動じずに見ることができました😄(笑)


これから数日かけて、SAWシリーズを全部見ていこうと思います👀