睡眠薬としても使える精神安定剤クエチアピン(セロクエル)を2年ほど飲んでいます。感想などをまとめてみました。

こんにちは。ねふまろです🙂

今回は、自分も飲んでいる、クエチアピンというお薬について色々まとめてみようと思います。

f:id:nefumaro30:20190707190057j:plain


クエチアピンとは

クエチアピンとは、セロクエルというお薬のジェネリック医薬品で、強力な精神安定剤です。

セロトニンドパミンなどの脳内神経伝達物質の働きを抑え、
強い不安感や緊張感、意欲の低下などの症状を改善してくれます。

基本的には統合失調症の治療に用いられるお薬ですが、

クエチアピンは鎮静作用に優れており、眠気も促されるため、睡眠薬として使われることもあります。

自分は不眠の症状を改善するために就寝前に飲んでいます。

クエチアピンを飲むようになったきっかけ

元々不眠の症状が強くメンタルクリニックへ通いながら様々な睡眠薬ブロチゾラムフルニトラゼパムニトラゼパム、ベルソムラ、トリアゾラム)を飲んできたのですが、

どれもあまり効かなかったので、「違う系統のお薬も使ってみましょう」ということになり、このクエチアピンを飲み始めました。

クエチアピンを飲んでみて

連続で眠れる時間が長くなり、途中で目が覚める回数が減りました。

入浴時に抜ける髪の毛の量が多かったのですが、クエチアピンを飲むようになってからピタリと止まりました。

昼間の眠気が強く、仮眠を取らなければいけない日が何度もありました。


副作用

よくある副作用として、眠気、ふらつき、体重の増加、高血糖などがあるようです。

自分は昼間に強い眠気が生じることが多く、仮眠を取ることが何度もありました。

仮眠を取らなければならないほどの強い眠気は1ヶ月ほどで治まっていきました。


用法用量

自分はまず就寝前に50mgから飲み始め、徐々に増量していき、現在は400mg飲んでいます。

おわりに

クエチアピンのおかげで、長く眠れるようになり、抜け毛も減りました。

昼間の眠気はきつかったですが、今はもう治まったので、飲み始めてよかったなと思っています。

参考文献、参考サイト

『くすりの事典2017年版』片山志郎監修(成美堂出版,2016)

【精神科医が解説】セロクエル(クエチアピン)の効果と副作用 | こころみ医学


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村