顔が赤くなるのが怖くてゼミに入れなかった話

こんばんは。ねふまろです。

 

自分は、二年遅れで大学に進学しました。

www.nefumaro30.com

www.nefumaro30.com

そして、大学二年の秋に、ゼミの募集がありました。

 

ゼミの見学などはしたことがないので、ゼミに関しては漠然としたイメージしかありませんが、

少人数で、討論したり、調べたことを発表したりするようなものという認識を抱いています。

 

このゼミなんですが、自分はできることなら入りたくありませんでした。

理由は、討論や発表の際に、「顔が赤くなってしまうこと」がとても嫌だったからです。

 

f:id:nefumaro30:20190528135514p:plain

 

昔はそうでもなかったのですが、高校生の頃から頻繁に顔が赤くなるようになり

授業中に当てられたり、人前で何かを発表する際は、ほぼ顔が赤くなってしまいます。

そして、それを人に見られるのがとても嫌でした。

一度、それが原因で高校へ行けなくなったこともありました。

www.nefumaro30.com

そのくらい赤面がコンプレックスなので、ゼミのことではかなり悩んでいました。

 

ゼミに入ったら、討論や発表など、人に注目されるような場面で顔が赤くなってしまい、それを周りに見られ、

「うわーこいつ顔赤くなってる」などと思われてしまうだろうと考えてしまい、それが嫌で嫌で仕方なくて、どうしようどうしようと毎日悩んでいました。

 

他の大学の友達も、「ゼミは必修なのに入ってないからやばい」というようなことを言っていたので、「自分も入らないとやばい。ゼミ=必修」だと思い込んでいました。

 

 

ゼミは必修ではなかった

しかし、僕の通っていた大学では、ゼミは必修ではないらしく、ゼミに入らなくても卒業はできるようでした。

「助かった…」心の底からホッとしました。

そして、ゼミに入っていなければ卒論も書く必要がないということもこのあたりに知りました。

卒論を書かなくても卒業できるということも知らなかったので、とても驚きました。

 

てっきり、大学生というのは、ゼミで討論したり発表したりしながら、卒論を書いて卒業していくものなんだと思っていたので、かなりの衝撃でした。

 

それでもゼミには入った方がいいらしい

自分はゼミには入らないことに決めましたが、周りの友達のほとんどがゼミに入りたいと思っているらしく、ゼミに入るつもりがないということを伝えると、驚かれることが多かったです。

「ゼミ入らないと就活に響くよ」とか、「ゼミ入らないなんて大学入った意味ないよ」とか、「ゼミ終わりにみんなで遊んだり飲んだりしてめっちゃ楽しいよ」など、さまざまなゼミの素晴らしさを教えてくれましたが、

それでも、自分の「赤面したくない」という思いが揺らぐことはありませんでした。

 

その後 

結局ゼミに入らなかった自分は、三年生になっても、適当に授業を受けるだけの日々を送っていました。

ゼミに入った友達から、「きつすぎてゼミを辞めたい」とか、「ゼミの発表がもうすぐなのに全然まとめられない」など、ゼミに入らなければよかった的な話が出始め、ゼミに入らなくて本当によかったなと改めて思いました。

 

就活とゼミ

しかし、ゼミに入っておかないと就活で困るという話は気になっていました。

ゼミに入らなかった代わりに何か他のことを個人的に研究したことにすればいいかななどと思ってはいましたが、

結局、一切就活できないまま大学を卒業してしまったので、そこのところはよくわかりません。

 

まとめ 

ゼミは入った方がよさそうです。が、僕はやはり嫌です。  

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村