今までに飲んできた睡眠薬の感想などをまとめてみました【ブロチゾラム,フルニトラゼパム,ニトラゼパム,ベルソムラ,クエチアピン ,トリアゾラム 】

こんにちは。ねふまろです。

 

最近だんだんよくなってきてはいるのですが、

自分はかなり強めの不眠症です。

2017年の6月からメンタルクリニックへ通いはじめ、今までに数種類の睡眠薬を飲んできました。

 

そこで今回は、自分が今までにどんな睡眠薬を飲み、その結果どういう効果や副作用が生じたのか、ということなどについてまとめてみました。

 

薬の効き方は人それぞれ違います。あくまでねふまろ個人の感想です。

 

f:id:nefumaro30:20190420195933j:plain

 

目次

 

ブロチゾラムレンドルミンジェネリック

初めて処方された睡眠薬です。

メンタルクリニックで「最近よく眠れない」と先生に相談したところ、ブロチゾラムを0.25mg処方してくれました。

効き目はさほど強くはなく、入門編、初心者向けといった感じで、6時間ほど眠れる

とのことでした。

「これでようやく眠れる」と、とても楽しみにしていましたが、

実際には全然眠れませんでした。

 

ブロチゾラムを飲んでから寝つくまでに4時間ほどかかり、

寝ついてからも、30分〜1時間ごとくらいに目が覚めてしまいました

 

フルニトラゼパムサイレース,ロヒプノールジェネリック

ブロチゾラムが全然効かなかったため、フルニトラゼパム2mgに変更されました。

フルニトラゼパム強めの睡眠薬とのことで、今度こそ本当にようやく眠れるんだとホッとしました。

しかし、またもや全然眠れませんでした。

 

早いときは30分ほどで寝つけましたが、長いときは寝つくだけでも4時間ほどかかりました。

そして、やはり30分〜1時間ほどで目が覚めてしまいます

 

更に、途中で目が覚めてからなかなか眠れず、また眠るまでに5〜6時間かかることもあり、もうめちゃくちゃでした。

 

ニトラゼパムベンザリンジェネリック

フルニトラゼパムでもよく眠れなかったため、次はニトラゼパム10mgを処方されました。

ニトラゼパム長く眠れる薬とのことでした。

 

飲んでみたところ、早いときは30分ほど、長いときでも2時間ほどで寝つけるようになりました。

しかし、やはり30分〜1時間ごとに目が覚めてしまいます。

ニトラゼパムでも長く眠ることはできませんでした

 

更に、副作用なのか、薬の効き目が残っていたのかはわかりませんが、

昼間に強烈な眠気が生じて、起きていられませんでした。

たとえ今までより眠れるようになったとしても、昼に起きていられないのならあまり意味はありません。なのでまた薬を変えてもらうことになりました。

 

ベルソムラ

今までに飲んできた睡眠薬はすべて「ベンゾジアゼピン系」とよばれるお薬でしたが、

このベルソムラはそうではありません。

今までの睡眠薬とは違い、

起きている状態を保つための脳内物質であるオレキシンの働きを弱めて、

自然な眠りへと導いてくれます。

 

ただし、「悪夢を見る」という副作用が生じることがよくあるそうです。

※自分はありませんでした。

 

そして、ジェネリック医薬品が発売されていないため、薬価が高いです。

 

こちらの薬を、20mg処方してもらいました。

 

肝心の効き目はというと、

今までの睡眠薬よりは目覚めがすっきりしている感じがしました。

しかし、やはり寝つくまでに1〜2時間はかかってしまい、30分〜1時間ごとくらいに目が覚めてしまいました。

 

クエチアピン(セロクエルジェネリック) 

なかなかよく眠れないので、ベルソムラに加えて、また別の系統の薬も飲んでみることになりました。

クエチアピンという薬で、基本的には精神安定剤ですが、睡眠薬としても使えるようです。

 

飲み始めてから10日間くらいは30分ほどで寝つけたのですが、

だんだん寝つくまでに時間がかかるようになってきて、

また2時間ほどかかるようになってしまいました。

そしてやはり30分〜1時間ごとに目が覚めてしまいます。

 

そして、副作用のせいか、昼間の眠気がかなり強かったです。

 

最初は50mgから飲み始め、その後 100mg,150mg,200mgと増やしていきましたが、不眠が改善することはなく、むしろ寝つくまでに3〜4時間かかるなど、また悪化していきました。

 

トリアゾラムハルシオンジェネリック

寝つくまでにだいぶ時間がかかることを先生に伝えたいところ、睡眠薬がベルソムラからトリアゾラムというお薬に変更されました。

 

トリアゾラム は、超短時間型に分類され、即効性があって効果も強めだが、作用時間が短いため、翌朝に眠気が持ち越すことはほとんどないようです。

 

こちらを0.25mg処方してもらいました。

 

即効性がある薬とのことでしたが、自分にはあまり効かず

寝つくまでに3時間はかかってしまいました。

 

また、手が震える、足がピクつく、頭がクラクラしたりボーッとしたりする、吐き気がするなどの副作用が生じました。

 

途中で目が覚める回数も増え10分〜20分ほどで目が覚めることが多くなりました。

 

眠気の持ち越しはないとのことでしたが、よく眠れていないせいか、

昼間に強い眠気が生じ、毎日昼に仮眠を取っていました。

 

あまりよくないけど…

トリアゾラム でも全然眠れなかったことを先生に伝えたところ、

「あまりよくないんですけど、ベルソムラとトリアゾラム を併用するという方法もあります。睡眠薬を2種類使うのは本当はあまりよくないんですが、もしよければ、やってみますか?」とのことでした。

 

眠れるようになるのなら、2種類くらい喜んで飲みます!

 

ということで、ベルソムラとトリアゾラム を併用しはじめました。

クエチアピン200mgも飲み続けています

 

その後

1時間半ほどで寝つけるようになりましたが、

中途覚醒は改善せず、やはり10分〜20分ほどで目が覚めてしまうことが多かったです。

当時は30分連続で眠れれば長い方でした。

 

長く眠れないことを先生に伝えたところ、クエチアピン を300mgに増やしてもらえました。

が、それでもよく眠れなかったので、更に400mgまで増やしてもらいました。

 

このあたりから、ようやく眠れるようになってきました。

寝つくのには1〜2時間ほどかかってしまうのですが、

途中で目が覚める回数がだいぶ減りました。

 

あと、お風呂でかなり髪の毛が抜けていたのですが、その抜け毛の量も急に減りました。

 

だんだん眠れるようになってきたことを先生に伝えると、

「では、このままいきましょう」

ということで、初めて薬の増加が止まりました。

メンタルクリニックに通いはじめてから半年ほど経って、ようやく薬の量が落ち着きました。

 

現在

あれから一年半ほどが経ちました。

就寝前には今も変わらず、ベルソムラ20mg,トリアゾラム0.25mg,クエチアピン400mgを飲んでいます。

薬の量は減っていませんが、長く眠れることがだいぶ増えました。

日によりますが、連続で5〜6時間眠れる日も珍しくはありません。

まだ不眠症が完治したわけではありませんが、クリニックに通いはじめる前と比べると、だいぶよくなりました。

 

おわりに

いずれは睡眠薬を飲まなくても熟睡できるようになりたいです。

まだ時間はかかりそうですが、だんだんよくなってきてはいるので、いつかそんな日が来ると信じています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村